彼氏との牛タンデートはトラブル満載

焼肉デート

こと牛タンに関しては、仙台の牛タンというものを知らない人にとっては、牛タンというのは薄くスライスされた状態で出てくるのが当たり前と思われているに違いありません。従って牛タンの食べ方についても、薄切りにされた牛タンにレモン汁をかけて食べたり、塩を振りかけて食べるのが王道くらいに思われていると思うのです。そんなこともあって私も仙台の牛タンというものを知らなかったために、彼氏とドライブを兼ねて仙台に牛タンを食べに行くというデートの際には、牛タンを食べる前から車の中で口論となってしまったのです。おまけに週末のデートということもあって、交通渋滞でストレスも相当溜まっていたのです。とくに女性の場合、何時間もノロノロ運転をするとなると、トイレに行くのに困ることがよくあります。

それはいいのですが、私も家族とよく焼き肉を食べに行くので、人並みに一般的な牛タンの食べ方というのを知っていたこともあって口論にも輪がかかりました。

ちなみに一般的な焼き肉店の牛タンというのは、やはり薄くスライスされたまるで生ハムのような状態です。しかも、カルビやホルモンなどこってりとした焼き肉のタレもいいのですが、やはり牛タンといえばレモン汁か塩を振りかける程度のあっさりとした味付けがいいと今でも思っています。その上、カルビやホルモンなどの焼き肉を食べた後にあっさり味の牛タンを食べると、それはそれでまた格別な味わいがあるのです。

今回は、彼氏が牛タンデートを言い出したのですが、彼氏は仙台の牛タンをたまに食べていたのです。従って、一般的な牛タンの食べ方とは真っ向から違っていたのです。その後、私も彼氏の言うところの仙台の牛タンというものを初めて食べたのですが、今まで食べてきた牛タンとは全くの別物でしたね。おまけに、ヒレ肉のように厚切りにされた牛タンが、まるで焼肉定食さながらに牛タン定食メニューとなっているのですからね。