我が県にもついに牛タン専門店が出店した

福岡県

仙台が発祥とされる牛タン料理も今や、東京や神奈川・大阪を始めとして全国に波及しているようですね。もちろん、普通の牛タンであれば、全国どこの焼き肉店でも食べることができます。ところが、仙台にある牛タン料理店で修業をした料理人が、他府県で牛タン料理店を出すというのはまだまだ珍しいことなのだそうです。

ちなみに、我が県福岡県にもついに牛タン専門店が4年前に出店しました。しかも、牛タンの本場仙台では超有名な利休という牛タン炭火焼き店が、福岡県の博多に出店したのです。オープンして早いもので、もう4年も経ってしまったのですが、それでも未だに行列ができているのです。従ってすぐにお店の中に入って、牛タン料理の数々が食べられるというワケではありませんが、それでも牛タンの本場仙台の味が博多でも味わえるということで、我慢をして並ぶことがよくあります。しかも、牛タンは薄っぺらいスライスされたものではなく、厚切りされた牛タンなのです。
(参考:牛タンを食べると牛とディープキスになるのか?

そこに、テールスープも添えられるのですから、一度その味を味わったらもう病みつきになってしまいます。しかも焼き肉の分厚くスライスされた牛タンには、テールスープがよく合いますね。

ところで、博多には利休以外にも何件もの牛タンの専門店があります。そういう意味では福岡県というのは、九州地方の中ではいち早く、本場仙台の牛タンがもはや街に根付きつつあるのかもしれませんね。おまけに、何の味付けもされていないスライスされた牛タンとは違って、本場仙台仕込みの熟成された牛タンは噛み応えがあるし、何よりもビールにはよく合うと思っています。従って博多界隈にある居酒屋には、牛タン料理を出してくれるお店が随分と多くなりました。また、牛タン料理を出してくれるお店の中には、チェーン店になった定食屋さんもあります。ちょうどお腹が空いているお昼時に、生卵を上からかけた牛タン丼は格別な味わいがあります。