国産牛肉の牛タンはアメリカ産とは全く違うだろう

黒毛和牛

日本国内で取り扱われている牛タンの産地は、多くがアメリカ産であることはご存知でしたでしょうか?国内の牛肉市場であれば、国産のものが流通するものであると考えるのが普通ですが、現実はその普通を覆すような状態となっています。なぜこのような状態になっているのかというと、牛タンという部位のみの仕入れであれば、国産の牛肉では割高になってしまうという社会的背景が理由としてあげられるでしょう。そのため、部位ごとの購入が容易にできるアメリカ産の牛タンが国内では多く流通しているのです。しかし、それだけ多くのアメリカ産の牛タンが流通しているからといって、その品質や味は絶対的に国産の方が良いことは間違いありません。ですので、国産牛肉の牛タンはアメリカ産とは全く違うだろうといことが推測できるでしょう。

国産牛肉とアメリカ産牛肉の牛タンを比較した時に、その特徴として大きな違いが生まれるのが肉質の柔らかさであると考えられます。
(参考:彼氏との牛タンデートはトラブル満載

国産牛はその遺伝的要因から脂肪を溜め込みやすく作られています。よく国産和牛が霜降り肉として提供されるように、国産牛肉は脂肪をどれだけつけるかどうかが品質の良し悪しの分かれ目です。このような風潮があるため、牛タンもまた国産牛肉の場合は脂肪分が多く含まれる傾向にあります。ただ、牛タンは部位的にそれほど多くの脂肪が蓄積する部位ではないので、ロースやカルビのように霜降りになるということはありません。ただ、タン元のような脂肪がつきやすいタンの部位については、例外的に脂肪分は多いです。

アメリカ産の牛タンは、その味付けによって美味しくなるのは当然です。しかし、アメリカ産に比べても国産牛肉の方がかなりの品質であるのは間違いありませんから、その美味しさはアメリカ産に圧倒的な差を持っていると言っても過言ではありません。ですので、一度はアメリカ産ではなく国産牛肉の牛タンもご賞味いただければと思います。