頑張った時ほど、牛タンで自分を癒そう

牛タンで癒される

生きていると息が詰まりそうになってしまうことが多々あります。毎日同じような仕事に追われることがあれば、何かしらのストレッサーに苛まれてしまったり上司に怒られるなどのトラブルが起こってしまったり、人生は本当に大変ですから、どこかでその詰まりそうな息を抜こうとするのは必要でしょう。息抜きの仕方は人それぞれかもしれませんが、その息抜きの方法の一つとして、牛タンを食べるというのはどうでしょうか。そう、頑張ったときほど牛タンで自分を癒すようにしょう。

牛タンでなんか癒されることは無い、そんな考えをお持ちの方も多いかもしれません。確かに牛タンのどこに癒しの要素があるのかと疑問に思うのは当然です。しかし、牛タンを一口食べてみるとその美味しさに心が躍るもの。そうすると、自然と牛タンによって自分が癒されていることが理解できるはずです。

ではなぜ癒しに牛タンなのか?そこには、牛タンの素朴さがあります。普通の焼肉は美味しいですが、牛タンには唯一、他の部位に無いものがあります。
(参考:未調理の牛タンは非常にグロテスクである

それがまさしく素朴な美味しさです。カルビやロースなどは、脂身が多いためかなりパンチの効いた味になります。しかし、パンチの効いた味であればストレスになり兼ねませんから、その美味しさによって癒されるということには結び付きにくいのです。その点、牛タンは味付けが素朴ですから、体を中心部分から癒すというような感覚にしてくれます。これが頑張ったときの体を癒してくれる要素になり得るのです。

人生は頑張らなければなりませんが、頑張りすぎてしまうと張り詰めた糸が一気に切れたときなどに不具合が生じてうつ病などになってしまいます。そのようなことにならないためにも、適度な癒しを自分自身に与えてあげることが大切です。そんな癒しの一つの方法として、牛タンを活用してみてはいかがでしょうか。そうすれば僅かかもしれませんが、それが人生のオアシスになることでしょう。